症状は医師の判断

後遺障害の判断はあくまでも医師の判断となります。その点を間違えないように対処をしていくようにしてください。というのも、稀に相手の保険会社から勝手に症状固定や等級を決められるということが稀にあります。あくまでも被害者の医師による判断と被害者の同意が必要になるのでその点を間違えないようにしてください。

後遺障害や症状固定は必ず診断している医師の判断が不可欠です。この医師がそれぞれの状態であると認めない限りは後遺障害になることはありません。ですから、被害者が早めに認定したいや相手が勝手に何かしらのことをやっていくのは出来ません。もしも、相手の方で何か言ってきたら弁護士に相談して対処してもらうようにしてください。特に治療費の打ち切りなど状態になるのは普通に治療費を払っている被害者的には非常に困ったことです。ですから、しっかりと払いをさせる必要があります。認めてしまうとそこで支払いが無くなる場合があります。

症状の状態によってはしっかりと医師に相談をするようにしてください。例えば、後遺障害の等級が合っていないなどのことがあるなら必ず医師に相談をして確認するようにしてください。状態によっては等級を上げることができる場合もあります。しかし、医師がそれを認めないといけないので注意です。


等級について

後遺障害の認定がされたら同時に出てくるのが等級です。これについて簡単に説明していきます。まず、等級とは簡単に言って後遺障害ランクです。14級から1級まであり1級に近づけば近づくほど症状が重くなります。とは言っても、様々な症状がありますので、等級によってはそこまでということもあります。しかし、絶対なのが1級に近い等級です。生活に支障が永久的に発生していることが多くありますのでとても良くないです。

後遺障害ですが、結構多くの人が認定になりにくいと考える人がいますが、14級あたりはまだ認定されやすいです。ですから、後遺症の状態になったら認定されるかを確認してみると良いです。症状の詳しいものは様々ありますので、専門家の医師や弁護士に相談をするようにしてください。症状に関しては医師に、どの等級に認定されるのかを確認するのは弁護士に相談をすると良いです。交通事故被害の後遺障害や慰謝料について無料で相談にのってもらえる弁護士事務所などもありますので活用してみると良いでしょう。

できるだけ交通事故の賠償金が欲しいという場合は上記で説明した14等級を取るためにやっていくと良いです。もちろん、誰でもというわけではないですがある程度の症状があれば認定されることがあります。あとは、弁護士に相談をして賠償金を増額する方法を採ることで多く獲得できるかもしれません。


後遺障害について

後遺障害とは、簡単に言えばある程度の障害を持った状態のことを言います。これに成ることで賠償金を獲得できる場合があります。しかし、後遺障害は認定が必要になります。当サイトでは後遺症診について紹介していきます。

後遺障害になるには医師の診断により症状固定というものの認定をしてから後遺障害の認定、等級の認定となっています。交通事故に関する賠償金に必要なのが等級です。これがどのようにようになっているかによって賠償金などの状態が変わります。それで認定なのですが、症状固定の認定までが非常に長く注意しないといけません。

症状固定は、基本的には問題となる症状が医療により改善が見られない状態になるもので、要するに医者がこれ以上改善できないという点です。大体1ヶ月の経過を見て判断されるので、少なくとも1ヶ月の時間が必要になります。ただし、症状によってはすぐに認定される場合もありますが、それは多くはないです。相当酷い状態、特に1級などの高い等級の場合は早くなる場合もあります。

症状固定ですが、これは医師による診断が不可欠です。ですから、それ以外の判断では症状固定には出来ないので注意です。そして、等級などを決めていく際に症状を持った人との話し合いなどが必要になります。勝手に後遺障害の状態を決めることは他人には出来ないので注意です。上記で説明した1ヶ月もあくまで目安です。それ以下でもそれ以上の期間になる場合があります。特に治る見込みがあるなら問題無いのです。ですから、治療がない=症状固定や後遺障害というわけではないのでこれも注意です。