後遺障害について

後遺障害とは、簡単に言えばある程度の障害を持った状態のことを言います。これに成ることで賠償金を獲得できる場合があります。しかし、後遺障害は認定が必要になります。当サイトでは後遺症診について紹介していきます。

後遺障害になるには医師の診断により症状固定というものの認定をしてから後遺障害の認定、等級の認定となっています。交通事故に関する賠償金に必要なのが等級です。これがどのようにようになっているかによって賠償金などの状態が変わります。それで認定なのですが、症状固定の認定までが非常に長く注意しないといけません。

症状固定は、基本的には問題となる症状が医療により改善が見られない状態になるもので、要するに医者がこれ以上改善できないという点です。大体1ヶ月の経過を見て判断されるので、少なくとも1ヶ月の時間が必要になります。ただし、症状によってはすぐに認定される場合もありますが、それは多くはないです。相当酷い状態、特に1級などの高い等級の場合は早くなる場合もあります。

症状固定ですが、これは医師による診断が不可欠です。ですから、それ以外の判断では症状固定には出来ないので注意です。そして、等級などを決めていく際に症状を持った人との話し合いなどが必要になります。勝手に後遺障害の状態を決めることは他人には出来ないので注意です。上記で説明した1ヶ月もあくまで目安です。それ以下でもそれ以上の期間になる場合があります。特に治る見込みがあるなら問題無いのです。ですから、治療がない=症状固定や後遺障害というわけではないのでこれも注意です。