症状は医師の判断

後遺障害の判断はあくまでも医師の判断となります。その点を間違えないように対処をしていくようにしてください。というのも、稀に相手の保険会社から勝手に症状固定や等級を決められるということが稀にあります。あくまでも被害者の医師による判断と被害者の同意が必要になるのでその点を間違えないようにしてください。

後遺障害や症状固定は必ず診断している医師の判断が不可欠です。この医師がそれぞれの状態であると認めない限りは後遺障害になることはありません。ですから、被害者が早めに認定したいや相手が勝手に何かしらのことをやっていくのは出来ません。もしも、相手の方で何か言ってきたら弁護士に相談して対処してもらうようにしてください。特に治療費の打ち切りなど状態になるのは普通に治療費を払っている被害者的には非常に困ったことです。ですから、しっかりと払いをさせる必要があります。認めてしまうとそこで支払いが無くなる場合があります。

症状の状態によってはしっかりと医師に相談をするようにしてください。例えば、後遺障害の等級が合っていないなどのことがあるなら必ず医師に相談をして確認するようにしてください。状態によっては等級を上げることができる場合もあります。しかし、医師がそれを認めないといけないので注意です。